#2 意固地

2020年夏のある日、

韓国の方から突然日本語でメールが届きました。

(excite 翻訳を使ったらしいです)


ライブドアブログに載せた私の詩を読んでくださったそうです。

『日韓合作の詩集を企画しているので、よければ寄稿して欲しい』という

韓国の障害者団体からのオファーでした。

当然、不審なメールではないかと思いました。

そこでちょうど韓国にいる友人にLINEメッセージで相談をしました。

どんな団体?あやしい新興宗教ではないか?韓国での評判はどうか?. . .

友人からは「大丈夫だと思う」、との返事。

ちょっと安心した私は、詩5篇を寄稿しました。


そして11月下旬に、詩集『私たちが海を渡って出会ったのは』 が届きました。

今回は私が寄稿した中から『意固地』をご紹介します。


「意固地」

車椅子を使い始めた頃

お店の前で考えてたよ


このお店にどうやって入ろうか

入りたいけど難しいなぁ


お店のドアは木で出来ている

ドアの前まで少し距離がある

ひとりではキツイ段差がある


誰か助けに来てくれないかな

人通りの少ない路地裏喫茶店


助けを待っているうちに

意固地になっていくボク


誰も助けてくれないんだ

どんどん心を閉ざすボク


そのうち悲劇のヒーロー

演じることがつまらなくなった

道ゆく人に声をかけた

時にはお店に電話した


お店のドアが開いたよ

ボクの心も開いたよ


閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示